第13回名古屋読書会のご案内

【満員御礼】第13回翻ミス名古屋読書会はおかげさまで満席となりました。キャンセル待ちをご希望の方は、専用アカウントnagomys@gmail.comまでご連絡下さい。(1月12日追記)


 2014年のスポーツ界には数々の話題が生まれました。ソチオリンピックサッカーワールドカップブラジル大会、マー君ヤンキースで勝ち星を重ね、大相撲では逸ノ城が大ブレイク、そしてわれらが名古屋のドラゴンズは……ドラゴンズは……えっと、寝てた?


 そんな中、日本中を巻き込んだ最大の話題は、やはり錦織! ヒガシとかっちゃん! いや、そっちの錦織じゃなくて。テニスの錦織圭ですよエアKですよ全米オープン準優勝ですよ。素晴らしい。若い頃にはラケットを隠されたりテニスシューズに画鋲を入れられたりお蝶夫人から「わたくしの敵にまわった……!」と言われたりした、かどうかは知らないが、そんな苦難にめげず松岡修造の熱にもめげず、世界ランク5位に駆け上がった錦織圭。これを讃えずにはいられません。


 そして、まるで錦織の活躍に併せたかのように伝説のテニスミステリが三十年の時を超えて復刊され、ファンを狂喜の海に叩き込んだことは記憶に新しいところです。そう、ラッセル・ブラッドン『ウィンブルドンがここに再臨! 偉いぞ東京創元社! この名作の復刊を、あたしはずっと待っていた。ラッセルの本が出とらっせる、と名古屋ギャグも絶好調。テニス世界一を決めるウィンブルドン決勝の背後で蠢く犯罪計画。友情、サスペンス、スポーツ! これを課題図書にせずして何とする? ちなみに、三角和代さんによる紹介記事はこちら。♪akiraさんによる香ばしい紹介記事はこちら


 何の因果か、開催日はバレンタインデーの2/14です。ラブラブファイヤーな皆様にはなんとも無粋な日程になってしまいましたが、コートではいつでもひとり、ひとりきり。先駆者は常に捨て石、天才は常に無心。リア充にはそのへんで爆発していただいて、私たちは熱く燃えたぎるコートと萌えたぎる男の友情に酔いしれましょう。テニスでは0のことをラブといいます。試合開始のかけ声は「ラブ・オール・プレー」。テニスとは、そしてウィンブルドンとは、ラブからすべてが始まる物語でもあるのです。バレンタインに最適の1冊ではありませんか! 壁ドンなんてもう古い、今年はウィンブルドンだ!


 なお、今回から名古屋読書会のメールアドレスが変わりました。ご注意下さい。

日時:2月14日(土)14:00〜17:00
   終了後に立食形式の二次会を予定しています。
   19時に終了しますので遠方からの日帰り参加も可能です。
場所:名駅近くの会議室
課題図書:ラッセル・ブラッドンウィンブルドン(訳・池央耿/創元推理文庫
定員:39名
参加費:大人1000円・未成年500円
   (領収書が必要な方は受付でお申し出下さい)


申し込み方法:名古屋読書会専用アカウント nagomys@gmail.com にメールでお申し込み下さい。件名に【読書会2/14】、メール本文にお名前とご連絡先電話番号、そして二次会の参加・不参加を必ずお書き下さい。
◎課題作品は各自ご用意の上、当日までにお読み下さい。
◎ご不明な点は上記の nagomys@gmail.com までお問い合わせ下さい。


ウィンブルドン (創元推理文庫)

ウィンブルドン (創元推理文庫)

ウィンブルドン (創元推理文庫)

ウィンブルドン (創元推理文庫)