東江翻訳のベスト本を選べ!(その5 翻訳家篇)

●「その1 書評七福神篇」はこちら
●「その2 翻訳ミステリー長屋篇」はこちら
●「その3 各地読書会篇」はこちら
●「その4 連載・イベント篇」はこちら



 去る2014年6月21日、翻訳家の東江一紀さんが、食道がんのため永眠されました。享年62。東江さんは、訳書『犬の力』(ドン・ウィンズロウ)で、第1回翻訳ミステリー大賞を受賞されました。翻訳ミステリー大賞シンジケートでは、東江さんを偲んで、サイトの主要な関係者及び、各地域の読書会を始めとする関連企画の代表者、そして東江さんと親しかった翻訳家により、それぞれ東江さんが翻訳した作品のベストを選び、コメントを寄せる記事を全5回にわたって掲載します。これをもって東江さんへの追悼の意を表したいと思います。
 第5回は東江さんと親しかった翻訳家たちによるベストとコメントです。


高橋恭美子
『ハイラム・ホリデーの大冒険』ポール・ギャリコ
復刊ドットコム
普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上 普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 下
 大好きなギャリコのデビュー作が大好きな東江さん訳で復刻! 本当にうれしかった。東江さんも、囚人生活を終えて冒険の旅に出たのかな。


吉澤康子
黄泉の河にて』ピーター・マシーセン
作品社
黄泉の河にて
 東江先生には、翻訳修行の仕上げをしていただきました。明解な説明と、言葉に対する熱い思いが忘れられません。本書は純文学の短篇集で、翻訳後、二十数年ののち、先生が亡くなられる直前に刊行されたものです。


河野万里子
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 本好きのニールと片腕の‘父さん’の間に通うあたたかさ、いきいきした会話のウィット、軽やかで知的なお訳――読書と仕事と人生を愛しつづけた東江さんの、笑顔のような一冊。


布施由紀子
『狂気のやすらぎ』ポール・セイヤー
草思社
狂気のやすらぎ
 カタトニー(緊張病)患者の独白。凜としたみずみずしい筆致に衝撃を受けました。東江一紀先生37歳のときの訳書です。その非凡な才能には改めて驚かされます。


峯村利哉
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 下訳者として関わらせていただき、翻訳の楽しさと厳しさを教わりました。完本を読んだときの無力感は忘れられません。一作品としても教科書としても永遠のバイブルです。


柳沢伸洋
『ショールの女』シンシア・オジック
草思社
ショールの女
 美しく抑制の効いた文体が切なさを倍加させる。言葉の持つ力を改めて認識させてくれる一冊。すぐれた翻訳の役割とは、こういう作品の紹介にあるのでは、とさえ思えてしまう。


内藤文子
『デイヴ・バリーの笑えるコンピューター』デイヴ・バリー
草思社
デイヴ・バリーの笑えるコンピュータ
 Windows95が出たころ書かれた本だけど、パソコンに振り回される人間を笑いのめす精神は現役。その諧謔精神と親父ギャグに笑いつつ、遊びを支える訳文のキレにうなるのです。


那波かおり
『プレシャス』サファイア
河出文庫
プッシュ
 98年初版時の書名は『プッシュ』。16歳のハーレムの少女が読み書きを覚え、自尊心を獲得していく。主人公の一人称語りの成長と変化に圧倒される。体温と痛覚をもつ訳文。




 本企画は今回で最終回です。翻訳ミステリー大賞シンジケート事務局一同、東江さんのご冥福をお祈りいたします。


普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上

普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 上

普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 下

普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険 下

黄泉の河にて

黄泉の河にて

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

狂気のやすらぎ

狂気のやすらぎ

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

ショールの女

ショールの女

デイヴ・バリーの笑えるコンピュータ

デイヴ・バリーの笑えるコンピュータ

プッシュ

プッシュ

東江翻訳のベスト本を選べ!(その4 連載・イベント篇)

●「その1 書評七福神篇」はこちら
●「その2 翻訳ミステリー長屋篇」はこちら
●「その3 各地読書会篇」はこちら
 
 

 去る2014年6月21日、翻訳家の東江一紀さんが、食道がんのため永眠されました。享年62。東江さんは、訳書『犬の力』(ドン・ウィンズロウ)で、第1回翻訳ミステリー大賞を受賞されました。翻訳ミステリー大賞シンジケートでは、東江さんを偲んで、サイトの主要な関係者及び、各地域の読書会を始めとする関連企画の代表者、そして東江さんと親しかった翻訳家により、それぞれ東江さんが翻訳した作品のベストを選び、コメントを寄せる記事を全5回にわたって掲載します。これをもって東江さんへの追悼の意を表したいと思います。
 第4回は各種連載やイベント担当者によるベストとコメントです。
(写真は2011年4月20日「第2回翻訳ミステリー大賞授賞式」にて)





三橋曉
仏陀の鏡への道』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
 生意気な中に瑞々しさ湛える主人公、しなやかな物語、軽妙な語り口など、ウィンズロウの持ち味を引き出し、引き立たせた名訳。“ニール・ケアリー”シリーズは、東江一紀訳以外考えられない。



日暮雅通
『犬の力』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
犬の力 上 (角川文庫) 犬の力 下 (角川文庫)
 東江さんが下訳時代に搾取された相手の“ダメ師匠”は、エージェント勤務時代の僕のクライアント。と知って以来、東江さんの本が売れるたびに喜んできた。これもその1冊。



akira
『プレシャス(旧題プッシュ)』サファイア
河出文庫
プレシャス (河出文庫)
 虐待され読み書きも出来ない主人公。言葉に対する意識の変化が文体で表現されるのですが、ひたすらその翻訳に圧倒されました。



堺三保
『砂漠で溺れるわけにはいかない』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)
 東江翻訳と言えば、なんといってもドン・ウィンズロウリチャード・ノース・パタースンではないかと思うのですが、中でもウィンズロウのニール・ケアリーものの軽妙さが好きでした。ここでは完結編を挙げておきます。



鎌田三平
『レモ 第1の挑戦』ウォーレン・マーフィ、リチャード・サピア
サンケイ文庫
レモ 第1の挑戦 (サンケイ文庫―海外ノベルス・シリーズ)
 氏の名前を初めて意識した作品。氏のキャリアの初期の仕事なので、来る者は拒まずだったのかもしれないが、今になって考えてみると、けっこう楽しんでやったのではないかという気がする。そういう人だよ。



芹澤恵
「訳者あとがき」(ドン・ウィンズロウ『砂漠で溺れるわけにはいかない』より)
創元推理文庫
砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)
 訳された作品はもちろん、作品の雰囲気に応じて自由自在に書き分けられる、ときにおちゃめでときに骨太で滋味滋養たっぷりの「訳者あとがき」も愉しみでした。「枚挙にいとまがなければ、ただの“きょ”だ」なんて……エンタテインメントの訳者たるもの、読者に愉しんでもらえる機会は決して逃してはならない、教えていただいた気がしています。



佐竹裕
黄泉の河にて』ピーター・マシーセン
作品社
黄泉の河にて
原文同様に研ぎ澄まされた訳文で、刊行予定のないまま訳し終えられると1篇ずつ訳稿を送ってくださった、個人的に思い入れのある短篇集。生前最後に刊行されたこともまた感慨深いです。



若林踏
『犬の力』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
犬の力 上 (角川文庫) 犬の力 下 (角川文庫)
『犬の力』を読んでいる時に感じた、全身の血が荒ぶるような感覚が忘れられません。あのような凄まじい小説に巡り合う機会を与えてくださったこと、心より感謝いたします。


『火刑法廷』に欠点あり!?ハイブリッドホラーの根源に迫るミステリ羅針盤#3 ホラーとミステリの交差点 ゲスト・三津田信三&笹川吉晴 出演・酒井貞道+若林踏(新宿Live Wire Cafe) 『火刑法廷』→

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

プレシャス (河出文庫)

プレシャス (河出文庫)

砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)

砂漠で溺れるわけにはいかない (創元推理文庫)

レモ 第1の挑戦 (サンケイ文庫―海外ノベルス・シリーズ)

レモ 第1の挑戦 (サンケイ文庫―海外ノベルス・シリーズ)

黄泉の河にて

黄泉の河にて

東江翻訳のベスト本を選べ!(その3 各地読書会篇)

●「その1 書評七福神篇」はこちら
●「その2 翻訳ミステリー長屋篇」はこちら



 去る2014年6月21日、翻訳家の東江一紀さんが、食道がんのため永眠されました。享年62。東江さんは、訳書『犬の力』(ドン・ウィンズロウ)で、第1回翻訳ミステリー大賞を受賞されました。翻訳ミステリー大賞シンジケートでは、東江さんを偲んで、サイトの主要な関係者及び、各地域の読書会を始めとする関連企画の代表者、そして東江さんと親しかった翻訳家により、それぞれ東江さんが翻訳した作品のベストを選び、コメントを寄せる記事を全5回にわたって掲載します。これをもって東江さんへの追悼の意を表したいと思います。
 第3回は各地の翻訳ミステリー読書会の代表によるベストとコメントです。


札幌読書会 榎本卓史
『ビッグ・トラブル』デイヴ・バリー
新潮文庫
ビッグ・トラブル (新潮文庫)
 ウィンズロウやパタースンも大好きですが、著者の謝辞(と警告)から東江さんの訳者あとがきまでノリにのってるデイヴ・バリーの『ビッグ・トラブル』も忘れがたい一作です。


仙台読書会 蒔野正徳
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 素晴らしい翻訳作品を世に送り出していただき、ありがとうございます。
 心よりご冥福をお祈りいたします。


福島読書会 飛鳥栄司
『エリー・クラインの収穫』 ミッチェル・スミス
新潮文庫
エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)
 ミッチェル・スミスを日本に華々しく解き放ってくれた東江氏。ヒロインであるエリーの「シャム猫の泣き声のようなおなら」は超弩級の翻訳だと今でも信じて止まない。


金沢読書会 北田絵里子
仏陀の鏡への道』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
 “決まり○玉”という遊び心ある訳語が燦然と輝いていますが、これはあらゆる配慮の行き届いた訳文中に投入されてこそ。このバランスは永遠の憧れです。


埼玉読書会 東野さやか
『鮫とジュース』ロバート・キャンベル
文春文庫
鮫とジュース (文春文庫)
 ウィンズロウにするかパタースンにするかと迷ったけど、やはりこれ。登場人物 ひとりひとの描写がうまくて、とにかく楽しい犯罪群像劇。訳者あとがきも楽 しい。


千葉読書会 高橋知子
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 印象深いお訳書の数々。中でも“決まり金玉”のニールくんは忘れられません。東江さんの新たな名訳に出会えないのは淋しいかぎりです。ご冥福を心よりお祈り申しあげます。


東東京読書会 島村浩子
仏陀の鏡への道』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
 早すぎるご逝去が本当に残念です。先生ご自身の名訳はもちろん、門下生の方々のすばらしいお仕事に触れるたび、翻訳出版界における先生の存在の大きさを感じます。


西東京読書会 松井里弥
『フランキー・マシーンの冬』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
フランキー・マシーンの冬 上 (角川文庫) フランキー・マシーンの冬 下 (角川文庫)
 殺し屋と翻訳家、職種は違えど、フランキーと東江先生には相通じるものがあったと思います。仕事には厳しく、人には優しく、頑固でもあり、純情でもあり……。甘辛な男たちに献杯


横浜読書会 岡本真吾
『犬の力』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
犬の力 上 (角川文庫) 犬の力 下 (角川文庫)
 序章から襲い掛かる圧倒的なパワーの渦に、登場人物も読み手も飲み込まれていきます。麻薬戦争という凄惨なテーマですが、かけがえのない読書体験ができた作品です。


名古屋読書会 大矢博子
『ストリート・キッズ』『仏陀の鏡への道』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫) 仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
 『ストリート・キッズ』に萌えまくり、『仏陀の鏡への道』に痺れまくり。嗚呼、わが青春のニール・ケアリー。あとにもさきにも「金玉」で泣かされたのはこれだけです。


関西(大阪・神戸・京都)読書会 世話人一同
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 三年前の読書会。黄ばんでいたり真新しかったりのMy『ストリート・キッズ』を繰りながら、恋や師弟や文学やハンバーガーについて歓談したことを追想し、感謝を捧げます。


福岡読書会 三角和代
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 これぞ文芸翻訳と感動し尊敬した1冊がドン・ウィンズロウ『ストリート・キッズ』。東江さんの訳文はわたしの憧れでした。心よりご冥福をお祈りいたします。


熊本読書会 吉村栄師
『犬の力』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
犬の力 上 (角川文庫) 犬の力 下 (角川文庫)
 月並みですが、ケラーと、ケラーに生涯対峙するバレーラ兄弟には、悪役でも感情移入させるリアリティを感じさせる翻訳でした。第1回大賞に相応しい訳書だと思います。謹んでご冥福をお祈りいたします。

各地読書会カレンダー


ビッグ・トラブル (新潮文庫)

ビッグ・トラブル (新潮文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)

エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)

鮫とジュース (文春文庫)

鮫とジュース (文春文庫)

東江翻訳のベスト本を選べ!(その2 翻訳ミステリー長屋篇)

●「その1 書評七福神篇」は→こちら



 去る2014年6月21日、翻訳家の東江一紀さんが、食道がんのため永眠されました。享年62。東江さんは、訳書『犬の力』(ドン・ウィンズロウ)で、第1回翻訳ミステリー大賞を受賞されました。翻訳ミステリー大賞シンジケートでは、東江さんを偲んで、サイトの主要な関係者及び、各地域の読書会を始めとする関連企画の代表者、そして東江さんと親しかった翻訳家により、それぞれ東江さんが翻訳した作品のベストを選び、コメントを寄せる記事を全5回にわたって掲載します。これをもって東江さんへの追悼の意を表したいと思います。
 第2回は翻訳ミステリー長屋によるベストとコメントです。
(写真は2011年4月20日「第2回翻訳ミステリー大賞授賞式」にて)




鈴木恵
ストーナージョン・ウィリアムズ
作品社
Stoner (New York Review Books Classics) (English Edition)
 貧しい農家に生まれた平凡な英文学教授の半生を、淡々とした筆致で描いて心に染みる作品。これが東江さんの遺稿になったという暗合にも思いを致さずにはいられません。作品社より十月刊行の由。



田口俊
『犬の力』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
犬の力 上 (角川文庫) 犬の力 下 (角川文庫)
 強靭な文章でないと、これだけスケールの大きな作品の屋台骨の強度たりえない。もちろん原文あってのことだが、この強靭な訳文、実に見事だった。〜系アメリカ人の台詞の訳し分けにも感服。



越前敏弥
『プッシュ』サファイア(文庫化時に『プレシャス』と改題)
河出書房新社河出文庫
プッシュ プレシャス (河出文庫)
 16歳の黒人女性を語り手とする文章の圧倒的な力に、翻訳の魔術を感じた1作。東江さんへの思いについてはhttp://bit.ly/1mAWmc7に書きました。そして"An Instance of Fingerpost" の刊行をぜひ!



加賀山卓朗
『鮫とジュース』ロバート・キャンベル
文春文庫
鮫とジュース (文春文庫)
 楽しかった本、学ばせてもらった本をあげれば切りがありませんが、忘れられない1冊は、ロバート・キャンベルのご機嫌な悪漢小説『鮫とジュース』。中身も訳も大好きです。



白石朗
『子供の眼』リチャード・ノース・パタースン
新潮文庫
子供の眼〈上〉 (新潮文庫) 子供の眼〈下〉 (新潮文庫)
 代表作は『罪の段階』だが愛着があるのはこちら。小説巧者のサスペンスフルな語り口を一切損なわず、翻訳を意識させないエンターテインメントに仕立てた膂力に感歎。



横山啓明
『ストーン・シティ』『エリー・クラインの収穫』ミッチェル スミス
新潮文庫
ストーン・シティ〈上〉 (新潮文庫) ストーン・シティ〈下〉 (新潮文庫) エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)
 最初に読んだ東江作品は、『エリー・クラインの収穫』。匂い立つような訳文に酔いしれました。同じM・スミス『ストーン・シティ』も過酷な世界をみごとな日本語に。早すぎる死、ほんとうに残念です。



上條ひろみ
仏陀の鏡への道』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)
 東江さん訳のウィンズロウ節はリズムのよさが癖になります。ニール・ケアリー・シリーズは全部好きだけど、本書は衝撃的な訳語でとくに印象に残っています。

翻訳ミステリー長屋かわら版・バックナンバー一覧


Stoner (New York Review Books Classics) (English Edition)

Stoner (New York Review Books Classics) (English Edition)

プッシュ

プッシュ

プレシャス (河出文庫)

プレシャス (河出文庫)

鮫とジュース (文春文庫)

鮫とジュース (文春文庫)

子供の眼〈上〉 (新潮文庫)

子供の眼〈上〉 (新潮文庫)

子供の眼〈下〉 (新潮文庫)

子供の眼〈下〉 (新潮文庫)

ストーン・シティ〈上〉 (新潮文庫)

ストーン・シティ〈上〉 (新潮文庫)

ストーン・シティ〈下〉 (新潮文庫)

ストーン・シティ〈下〉 (新潮文庫)

エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)

エリー・クラインの収穫 (新潮文庫)

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

仏陀の鏡への道 (創元推理文庫)

東江翻訳のベスト本を選べ!(その1 書評七福神篇)

 

 去る2014年6月21日、翻訳家の東江一紀さんが、食道がんのため永眠されました。享年62。東江さんは、訳書『犬の力』(ドン・ウィンズロウ)で、第1回翻訳ミステリー大賞を受賞されました。翻訳ミステリー大賞シンジケートでは、東江さんを偲んで、サイトの主要な関係者及び、各地域の読書会を始めとする関連企画の代表者、そして東江さんと親しかった翻訳家により、それぞれ東江さんが翻訳した作品のベストを選び、コメントを寄せる記事を全5回にわたって掲載します。これをもって東江さんへの追悼の意を表したいと思います。
 初回は書評七福神によるベストとコメントです。
 
 
 
 


書評七福神とは翻訳ミステリが好きでたまらない書評家七人のことです。


北上次郎
『罪の段階』リチャード・ノース・パタースン
新潮文庫
罪の段階〈上〉 (新潮文庫) 罪の段階〈下〉 (新潮文庫)
 この小説にいたく感動した私は当時、リチャード・ノース・パタースンの次の作品の翻訳はいつ出るんですか、とお会いするたびに尋ねたことを思い出します。


霜月蒼
『ボビーZの気怠く優雅な人生』ドン・ウィンズロウ
角川文庫
ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)
 三分の一ほど読んだところで驚愕したのだ。そこまでの全文章が現在形だったことに気づいて。あの衝撃。忘れられない。かくも自然な現在形の文章を日本語で紡ぐのは天才にしかできない。それが東江一紀氏だった。


千街晶之
『殺人探究』フィリップ・カー
新潮文庫
殺人探究 (新潮文庫)
 東江氏訳のフィリップ・カーというとベルンハルト・グンター・シリーズが有名だが、敢えてノン・シリーズを。近未来サイコ・サスペンスと哲学論議の組み合わせが印象的。


杉江松恋
『ごみ溜めの犬』ロバート・キャンベル
二見文庫
ごみ溜めの犬 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
 最初に東江さんに注目した作品です。現在形で統一された文体、刑事や探偵ではなく住民の世話を焼く政党の地区班長が主人公という変な設定。翻訳者の技巧が冴えた一冊でした。


吉野仁
『グリーンリバー・ライジング』ティム・ウィロックス
角川文庫
グリーンリバー・ライジング
 R・N・パタースンやドン・ウィンズロウなど多くの傑作が並ぶ東江さんの訳書中、圧倒的なパワーで胸をわしづかみにされたのが、狂気に満ちた本作だ。感謝して合掌。


川出正樹
『ステーション』マイケル・フラナガン
角川書店
ステーション
「絵と言葉が、チェロの調べのように、深く、懐かしく、心の奥底を揺さぶる」という訳者あとがきの名文に付け加える言葉なし。架空の鉄道を巡るこの物語を埋もれさせたくない。


酒井貞道
『ストリート・キッズ』ドン・ウィンズロウ
創元推理文庫
ストリート・キッズ (創元推理文庫)
 東江一紀さんの訳文は本当に素晴らしかった。彼の手にかかれば、作品の魅力が行間から吹きこぼれる。真の名人だったと思う。だが彼はもういない。それがとても悲しい。

書評七福神の今月の一冊・バックナンバー一覧


罪の段階〈上〉 (新潮文庫)

罪の段階〈上〉 (新潮文庫)

罪の段階〈下〉 (新潮文庫)

罪の段階〈下〉 (新潮文庫)

ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)

ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)

殺人探究 (新潮文庫)

殺人探究 (新潮文庫)

ごみ溜めの犬 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

ごみ溜めの犬 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

グリーンリバー・ライジング

グリーンリバー・ライジング

ステーション

ステーション

ストリート・キッズ (創元推理文庫)

ストリート・キッズ (創元推理文庫)